インフルエンザよりも強烈!?発熱とケツ痛で寝込む

肛門科への通院 (1)

とにかくケツから腰の辺りが痛む。
特に肛門に力を入れるなんて論外!
ちょっとした動作も辛い。例えば、洗面台で顔を洗おうと少し前のめりになるのも×。

普段何気なくこなしている動作も結構おしりに負担をかけていることを実感する。熱を測ると37度以上!ちょっとした風邪やインフルエンザよりも手強いぞ。ケツが痛いので、普通に仰向けになって寝ていてもしばらくすると辛い。
体制を横向きにしようとするが、とにかく自由が効かないのだ。

超スローモーションで横向きになる。自分でも肛門付近が腫れている感覚がある。しばらく、横向きで落ち着いていたところ、突然

ビキーン!!!!!!!!!と激痛が走る。

「はぅ~っ」と声を押し殺して歯を食いしばる。
前日、エスカレーターで躓いた時のような感覚、いやそれ以上の激痛だ。
なぜ起こったのかは分からないが、それは腫れたしこりをコリっとした感じ。
枝豆をプリっとつまんで出すような事が肛門付近で起きた感覚
だった。
熱もあるせいで、とにかく怠い。でも怠いだけでなく痛い。

インフルエンザで関節が痛むなんて、かわいいモノだと思った。
なんせ、ケツに力を入れられないので、トイレへ立つのもやっと。
そんなこんなで夜になった。
明日は会社に行けるのだろうか・・・。
会社は休んだとしても、医者には行かなければ・・・。
そう思い、熱があるにもかかわらず風呂に入る事にした。
相当汗をかいたのもあるが、痔は湯船にゆっくりつかると良いと思っていたからだった。
つづく

肛門科への通院 (1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
痔ゾウぶろぐ-痔ろうのはなし-

コメント

タイトルとURLをコピーしました